現在位置
  1. 日本大学商学部ホーム
  2. 商学部の紹介
  3. 教員紹介
  4. 髙久保 豊

教員紹介

髙久保 豊(Yutaka Takakubo)

役職 教授
メールアドレス takakubo.yutaka@nihon-u.ac.jp
ホームページ
主な担当科目

比較経営論,経営学


ゼミナールはこちら
主な担当科目(大学院)

経営学特殊講義(Ⅱ),外国文献研究(中),演習,経営学特殊研究

主な著作・論文

中川涼司・髙久保豊編著『現代アジアの企業経営:多様化するビジネスモデルの実態』ミネルヴァ書房,2017年。髙久保豊「中国のビジネスモデル転換に関する一考察:二重移行論との関連」『商学集志』(日本大学商学部)第86巻2号,2016年9月,103-102頁。ほか60編。


研究業績はこちら
学会活動等

東アジア経営学会国際連合(IFEAMA)常設共同事務局長,日本日中関係学会理事,一般社団法人日本勤労青少年団体協議会理事,公益財団法人アンタレス山浦財団理事,特定非営利活動法人東連ジャパン理事,アジア経営学会評議員,ネパール経営学会(NAM)諮問委員。

講演可能なテーマ

中国社会の変化とビジネスパーソン、中国ビジネス:その伝統と変革のダイナミズム

一言・学生へのメッセージ  今日、世界を見渡すと、活力あるビジネスが存在しています。しかもスピード感のある元気な企業は、何らかの形でアジアと関わることが少なくありません。私の担当するゼミでは、民族・国籍の異なるメンバー同士の活発なディスカッションを通じて、視野を広く世界に向け、中国を重点的な研究対象に据えて、これからの企業経営のあり方を探っています。皆さんには21世紀のリーダーとして活躍する人材となることを目指してほしい。

一覧に戻る

このページのトップへ