現在位置
  1. 日本大学商学部ホーム
  2. 商学部の紹介
  3. 教員紹介
  4. 塚田 典子

教員紹介

塚田 典子(Noriko Tsukada)

役職 教授
メールアドレス tsukada.noriko@nihon-u.ac.jp
ホームページ
主な担当科目

少子高齢社会論 


ゼミナールはこちら
主な担当科目(大学院)

社会保障論特殊講義

学会活動等

日本高齢者虐待防止学会理事 研究活動・国際活動推進委員長.

GSA(Gerontological Society of America: 米国老年学会)会員.

日本老年科学会・日本社会学会・日本社会福祉学会・日本認知症ケア学会会員.

講演可能なテーマ

日本における外国人介護労働者 

一言・学生へのメッセージ

   日本の人口は、世界に類をみない速さで高齢化しています。そのような高齢社会の諸課題の解決を図ることを目的として、約半世紀前に誕生した「加齢や高齢化に関する学際的な学問」としての老年学(Gerontology: ジェロントロジー)という学問分野があります。アメリカではこのGerontologyとMBA、GerontologyとLaw、GerontologyとMSW等の組み合わせのDouble Degree制度もあります。

  ビジネスを含む全ての営みや活動は、社会の中で行われますが、その社会が超高齢社会に向かって急速に変化している今、社会の中で起きている営み・活動は社会の変化に応じて変化せざるを得ません。では「高齢社会とは?」「加齢するとは?」「正しい高齢者観とは?」どのようなことなのでしょうか?

   それらに関する基礎知識を学びながら、高齢社会の全体を見渡す視点を学ぶことのできる「少子高齢社会論」という科目を受講してみませんか?今後の人事や商品・サービスの開発・マーケティング活動にきっと役立つこと間違いなしです!

一覧に戻る

このページのトップへ