現在位置
  1. 日本大学商学部ホーム
  2. 商学部の紹介
  3. 教員紹介
  4. 山﨑 明日香

教員紹介

山﨑 明日香(Asuka Yamazaki)

役職 准教授
メールアドレス
ホームページ
主な担当科目

ドイツ語、ドイツ演劇・文学 


ゼミナールはこちら
主な著作・論文

単著:

Yamazaki, Asuka (2013). Das deutsche Nationalbewusstsein des 19. Jahrhunderts und Richard Wagners Tristan und Isolde. Würzburg: Königshausen & Neumann.

共著:

Yamazaki, Asuka (2015). Exklusive Hypertextualität bei Botho Strauß. In Verkörperte Sprache / Rahmen und Rahmenbrüche, edited by Shinji Miyaya et.al., 190–204. München: Iudicium.

論文:

Yamazaki, Asuka (2016). The Concept of Acting School in the German-Speaking Sphere in the First Half of the Nineteenth Century『人文論叢』33巻 (三重大学人文学部文化学科研究紀要), 121–136.

Yamazaki, Asuka (2016). A Consideration of the Educational and Illuminative Function of the Actor in Richard Wagner’s Essay On the Actor and Singer『京都産業大学論集』人文科学系列47号, 85–102.

Yamazaki, Asuka (2015). The Body, Despair, and Hero Worship: A Comparative Study of the Influence of Norse Mythology in ‘Attack on Titan’. In Scandinavian Journal of Comic Art, vol.2.2, 25–49.

Yamazaki, Asuka (2015). The Motif of the Wound in ‘Attack on Titan’. In International Journal of Comic Art, vol.17.1, 583–597.

Yamazaki, Asuka (2013). Irischer Orientalismus in der Darstellung Isoldes in Richard Wagners ‘Tristan und Isolde’. In Neue Beiträge zur Germanistik 147, 164–185.

Yamazaki, Asuka (2012). Die Veränderung des Begriffes Entartung bei Richard Wagner. In Neue Beiträge zur Germanistik 145, 134–154.

Yamazaki, Asuka (2011). Der Einfluss von Bachs ‘Matthäus-Passion’ auf Richard Wagners ‘Tristan und Isolde’. In Neue Beiträge zur Germanistik 143, 117–134.

学会活動等

日本独文学会、日本ヘルダー学会、International Board Game Studies 

講演可能なテーマ

ドイツの演劇 

一言・学生へのメッセージ

 ドイツは、ハンザ同盟などに見られるように、手堅い商業政策を伝統的に推進してきた経済大国です。同時に潤沢な資産を思想・学問・芸術の振興に惜しみなく投資してきたことでも知られています。中には王国財政を傾けて芸術家を庇護した君主もいました。そうした文化振興の伝統を背景に、個人の才能が開花したとき、世界的な芸術が生まれました。その深く豊かな内的世界の魅力を、みなさんと一緒に味わっていければと思います。

一覧に戻る

このページのトップへ