現在位置
  1. 日本大学商学部ホーム
  2. Kinuta Sketch

Kinuta Sketch 2016

PARIS通信 【トビタテ!で渡仏中の商業学科4年桐本君の活動報告】

場所: フランス
撮影: 2016/12/14
掲載: 2016/12/15

フランス・パリで活動中の商業学科4年の桐本滉平君から,商学部の皆さんに向けてのメッセージと活動報告が届きました。

桐本君は,文部科学省及び(独)日本学生支援機構による【平成28年度前期(第4期)官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~】の多様性人材コースに,「パリで日本の伝統工芸を世界に通用するブランドへ。モノづくりの革新によって日本の地方に活力を。」をテーマとして,難関を見事に突破して採用されました。

 

詳しい内容や,壮行会での感動の代表挨拶はこちらです。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・ 商学部の皆さんへのメッセージ ・・・・・・・・・・・・・・・

  •  僕は大学で学んだことを実践したくてパリに来ました。
  •  しかし,実際に来てから,これまで"分かったつもり"になっていることが如何に多かったかを痛感しています。
  •   「知行合一」という言葉があるように,知って行わないのは,未だ知らないことと同じであるということに気付きました。
  •  日頃学んだ知識を行動に変換していく意識を持ち続けることは,いま自分はなぜ学んでいるのか,そしてこれから何を学ぶべきなのかを教えてくれます。
  •  学生という時間の中で手に入れられる知識を,どんな形でもいいから,ひとつずつ実践してみてください。
  •  そうすることで,自分が本当にやりたいことは何なのか,きっと見えてくるはずです。

 

 

4月1日からの1年間,日本の大学生の代表として,また日本大学の代表として,そして小さな大使として,日本の伝統工芸文化を広めるために,フランス・パリで活動をしている桐本君のこれまでの【活動実績と気付き】を,皆さん是非御覧ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・ 4月から10月までの活動実績と気付き ・・・・・・・・・・・・・・・

  •  ▼4月
  •  「NAKANIWA」業務開始。

接客,リサーチ,在庫管理,ディスプレイ,東京本部とのやり取りなどのサポート業務を開始した。

  • 気付き
  • 日本の技術の高さを認めていることが,必ずしも購入するモチベーションに直結するとは限らないということを痛感する。フランスの人々の生活様式を身をもって理解する必要があると自覚。

 

 

  • ▼5月
  •  「NAKANIWA」にて茶器の販売を開始。
  •  日本で丸若屋がお茶の開発の開始と同時に,「NAKANIWA」で日本茶向けの茶器の販売を開始。

 「Atelier Blancs Manteaux」にて釜朝商店の企画を実施。ベルニサージュ運営などをサポート。

  • 気付き
  • 日本で作られた製品がそのままフランスの人々の生活様式に溶け込める例は決して多くはない。日本の文化を発信する行為は,やり方を間違えると文化の押し付けに,もっと言えば文化の侵略にもなりかねない。フランスにすでにある製品の存在を尊重し,調和を図っていく必要がある。

 

 

  • ▼6月
  •  「NAKANIWA」マネージャーに就任。
  • 売上,在庫,発注,シフト,東京本部とのSkypeミーティングなどの管理を任されることに。
  • 「Atelier Blancs Manteaux」のセレクトショップスペースのディレクションを担当。

陳列販売する商材のセレクト,ディスプレイを行った。

  • 気付き
  • サポートではなく,責任者として働くことの重みを思い知った。指示を待つ姿勢が,自分の頭で考えて他者へ提案する姿勢へと変化していった。

 

 

  • ▼7月
  •  「PARISHIKI」本格始動。

 丸若屋が主催する新プロジェクト「PARISHIKI」のタブロイドに掲載するパリのレストラン,ギャラリー,ブティック,美術館などのセレクト及び訪問営業活動を開始。

  • <PARISHIKI概要>
  • パリと日本をつなげ,大きな輪を生み出す「PARISHIKI」。丸若屋代表・丸若裕俊が,本プロジェクトの発起人となり,ディレクションを務めます。

本年度は第1回目として,PARISHIKIタブロイド創刊号を発行します。隈研吾氏,坂本龍一氏,Julian David氏他,現在グローバルに活躍するクリエイター7名による「日本とパリ」をテーマにしたインタビュー記事を掲載。また,パリ市内の「PARISHIKI」に合わせたイベントやレストラン,美術館などの情報をマッピングし,オリジナリティに満ちたクリエーションを生み出す,人や場所を紹介します。

  • 気付き
  • 会社の代表として外で営業を行う厳しさと楽しさを実感。会社の顔である限り,全て自分の言葉で話さなければ相手に価値を感じてもらうことはできない。プロジェクトの代表と話させて欲しいと言われ落ち込むこともあったが,自分の行動で新たなご縁を作ることもでき,総じて大きな学びとなった。

 

 

  • ▼8月
  • 「PARISHIKI」の営業活動を継続。

 「Atelier Blancs Manteaux」にてmore treesの特別企画のために,フランスの建築事務所の方と連携し寸法作業などを実施。休みの日を利用し,フランス人の家庭に数日間ホームステイをさせてもらい,一般的なフランス人の衣食住を体験。

  • 気付き
  • 現地での知人も増え,現地の生活に馴染めたからこその気付きがあった。現代の日本が抱えているような,大量生産・大量消費の消費社会の問題は,同じようにフランスも抱えており,この問題の解決策は国境を越えて世界中の人々が手を取り合って探っていかなければならない。その解決策を見出し,世界に提示するための可能性を持っているのは誰か。それは,伝統を重んじながらも進化し続けている社会を形成している日本とフランスなのではないだろうか。

 

 

  • ▼9月
  • 「PARISHIKI」開催。
  • タブロイド掲載箇所への挨拶周りやリサーチを実施。
  • 「日本」が「パリ」と融合することで生まれる新たな発見に大きな可能性を感じた。
  •  「PARISHIKI」の一環として「NAKANIWA」にて公長齋小菅の特別企画を実施。
  • 日本で作られた製品がパリの人々の生活様式に溶け込める形として,竹の花籠を中心に陳列し,「NAKANIWA」過去最高額の売上を達成。

 「PARISHIKI」の一環として「Atelier Blancs Manteaux」にてmore treesの特別企画を実施。坂本龍一さんを代表とする日本の間伐材を用いた製品「TSUMIKI」の展示ディスプレイの設置・撤収作業,販売をサポート。

  • 気付き
  •  「PARISHIKI」を通じて,パリで活躍する数多くの日本人と出会いから大きな刺激をもらった。彼らはパリに住んでいる以上,現地の人々に価値を提供するために活動している。それが結果として,日本とは何かを世界に発信しているというだけのこと。「日本の発信」が先行してしまうと現地の人々への価値が何かを見失ってしまう。
  • フランスの人々の生活様式を理解した上で,日本の製品にしか生み出せない価値を提案するという姿勢を持ち続けることが最も重要。

 

 

  • ▼10月
  • 「NAKANIWA」営業日拡大と採用活動。
  • 「NAKANIWA」の営業日を週に1日増加させる判断をするとともに,現地で新たな店員の採用を実施。

 実家の輪島キリモトが石川県からフランスでのプロジェクトのための資金を調達し,本格的に丸若屋と輪島キリモトでの新たなプロジェクトが始動。11月に「NAKANIWA」での特別販売を実施し,そこでのフィードバックを元に商品開発に取り組み3月に発表を目指す。

  • 気付き
  • マネージャーとして,店舗営業の責任を持つことの難しさとやりがいの両方を体感することができた。そしていよいよ,「NAKANIWA」としても輪島キリモトとしてもこれまでに前例のない企画に取り組むため,焦らず,しかしスピード感を持って取り組んでいきたい。

「NAKANIWA」でディスプレイをしている様子

「NAKANIWA」でディスプレイをしている様子

「NAKANIWA」でお客さんにお茶を提供してお話ししている様子

「NAKANIWA」でお客さんにお茶を提供してお話ししている様子

「NAKANIWA」でのベルニサージュの様子

「NAKANIWA」でのベルニサージュの様子

「NAKANIWA」外観

「NAKANIWA」外観

「NAKANIWA」でのベルニサージュの様子

「NAKANIWA」でのベルニサージュの様子

「PARISHIKI」の看板とイベント開催の様子

「PARISHIKI」の看板とイベント開催の様子

  • トビタテ!の第6期には3名の商学部学生が応募しており,現在,書類審査の結果を待っているところです。

毎年,前期と後期の募集をしておりますので,皆さんも,心に勇気の翼を持って,世界に飛び出すことにチャレンジしてください!

  • 募集については,下記の文部科学省「トビタテ!留学JAPANホームページ」を御覧ください。
  • http://tobitate.mext.go.jp/
  •  相談窓口:学生課

 


< 一覧に戻る
カテゴリーメニュー
Kinuta Sketch
学生用メニュー
  • Web入学手続システム ログイン
  • Web教務情報システム ログイン
  • NUC2ポータルシステム ログイン
  • Web教務情報システム<保護者向け> ログイン
  • 学生用 Nu-MailG ログイン
  • 教職員用 Nu-Mail ログイン
  • e-learning 「NUe」
  • NU就職ナビ

Kinuta Sketch

Kinuta Theater

バーチャルキャンパスツアー

Kinuta

Live Camera

スマホ版はこちら

このページのトップへ