現在位置
  1. 日本大学商学部ホーム
  2. 研究情報
  3. 会計学研究所

会計学研究所

   会計学研究所は、当初『日本大学会計学研究所』という名称で昭和23年10月1日に日本大学経済学部(東京都千代田区三崎町)の付属機関として設置されました。発足当時の研究所は、会計学および関連諸科学に関する高度の学問的研究を目的とし、会計学に関する大学院としての役割を果たすことにありました。昭和32年3月商学部の復元により、研究所は商学部の付属機関となり、名称も『日本大学商学部会計学研究所』と改称され、今日に至っています。

   当研究所の目的は『会計学の発展と公認会計士制度の発展に寄与し、ひいては、本大学の興隆を図る。』(会計学研究所規程第2条)にありますが、その沿革と目的から主として研究プロジェクトによる共同研究の推進と、学生を対象とする職業会計人の育成活動を行っています。

所長
教授 川野 克典
次長
教授 田村  八十一

実施/継続中のプロジェクトの主な研究テーマ

平成27年4月-平成29年3月 『原発の会計-総括原価方式の問題点と今後のエネルギー政策の方向性-』
代表:村井秀樹 教授
平成25年4月-平成27年3月 『諸外国におけるIFRS導入とわが国における税務・会計制度の一体改革』
代表:林 健治 教授
平成24年4月-平成25年3月 『「管理会計・原価計算の実証的研究 平成23年度調査」追加調査・分析』
代表:川野克典 准教授
平成23年4月-平成24年3月 『管理会計・原価計算の実証的研究 平成23年度調査』
代表:川野克典 准教授
平成21年4月-平成23年3月 『企業会計と税務会計の接点と乖離』
代表:平野嘉秋 教授
平成19年4月-平成21年3月 『コーポレートガバナンスにおいて会計が果たすべき役割』
代表:堀江正之 教授(~平成20年3月)、濱本明 准教授(平成20年4月~)
平成18年4月-平成19年3月 『会計上の基礎概念の再検討と新しい会計理論構築の可能性』
代表:壹岐芳弘 教授
平成17年4月-平成18年3月 『現代会計実務の新動向と会計理論の構築』
代表:新江 孝 助教授
平成16年4月-平成18年3月 『持続可能な社会形成と法・経済・経営・会計問題』
代表:村井秀樹 教授
平成16年4月-平成17年3月 『現代会計問題の多角的・横断的研究』
代表:堀江正之 教授
平成15年4月-平成16年3月 『現代会計の理論と構造に関する総合的研究』
代表:五十嵐邦正 教授
平成14年4月-平成16年3月 『環境情報開示に関する総合的研究』
代表:勝山 進 教授
平成13年4月-平成15年3月 『管理会計・原価計算の実証的研究』
代表:高橋史安 教授
平成12年4月-平成14年3月 『企業合併・企業買収等についての研究~国際的M&Aについての税務会計からの視点を中心に~』
代表:平野嘉秋 教授
平成10年4月-平成12年3月 『粉飾決算に関する多角的研究』
代表:小関 勇 教授
平成10年4月-平成12年3月 『欧州会計制度の構造とそのあり方』
代表:五十嵐邦正 教授
平成8年4月-平成10年3月 『リスク会計の総合的研究』
代表:堀江正之 教授
平成7年4月-平成10年3月 『粉飾解明原理の実証的研究』
代表:遠藤久夫 教授
平成5年4月-平成7年3月 『原価計算の実証的研究』
代表:園田平三郎 教授
平成3年4月-平成6年3月 『企業価値の評価と関示』
代表:荒川邦寿 教授
昭和62年4月-平成2年3月 『中小企業をめぐる経営・会計の総合的研究』
代表:勝山 進 教授
昭和58年4月-昭和62年3月 『日本の簿記・会計発達史の研究』
代表:山本 繁 教授
昭和58年4月-昭和61年3月 『経営原価計算の実証的研究』
代表:稲田卓次 教授
昭和55年4月-昭和58年3月 『会計情報システムの理論的構造とその展開』
代表:井上久彌 教授

このページのトップへ