「新型コロナウイルス感染症に関する
日本大学商学部の対応について」
ー こちらをクリック ー

日本大学商学部

お知らせ

【緊急・在学生の皆さんへ】春休み期間中に海外渡航していた在学生について(令和2年4月1日発表)

2020年4月1日

春休み期間中に海外渡航していた学生は,帰国後の健康状態及び健康管理に注意の上,学生課に渡航内容と健康状態を報告してください。
報道されているとおり他の大学では,3月上旬に卒業旅行でヨーロッパに渡航していた3名の学生が新型コロナウイルスに感染し,帰国後にゼミの送別会やサークルの懇親会に参加し,そこで参加していた学生に感染させてしまったとのことです。3月31日時点で,感染した学生の人数は23名と発表されています。
また,本日(4月1日),本学法学部においてヨーロッパを旅行していた今年3月の卒業生が,新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
このような状況を受け,商学部においても,あらためて春休み期間中に私的に海外渡航していた在学生(大学が主催したヨーロッパ研修,語学研修,交換留学及び留学生等で既に報告している学生等は除く)は,学生課に渡航内容(渡航先,渡航期間)と現在の健康状態を報告してください。
回答は,ポータルサイトからの返信及びメールでお願いします。
学生課メール:bus.gakusei@nihon-u.ac.jp
帰国後は,14日間は自宅待機し,「健康チェック表」 に 体温と健康状態を 記録してください。「健康チェック表」に14日間記録後,学生課へメール又はFAXにて提出してください。
現在,日本も緊急事態宣言が発令されるかのギリギリの状態です。ヨーロッパを含め諸外国は,日本よりも先に深刻な状態になっています。
海外渡航していた学生だけでなく,全在学生が基本的な感染予防策(咳エチケット,換気,マスク,手洗い,消毒等)の実施,自身の健康状態及び健康管理の徹底をお願いします。そして,不要不急の外出を控え,自宅にいるようにしてください。自身の健康を守ることが,自分以外の人を守ることにもなります。
繰り返しになりますが,春休み期間中に私的に海外渡航していた在学生は,必ず報告してください。

(学生課)