「新型コロナウイルス感染症に関する
日本大学商学部の対応について」
ー こちらをクリック ー

日本大学商学部

お知らせ

日本大学商学部のゼミナール3チームが第66回インター大会で最優秀賞・優秀賞を獲得しました。

2019年12月5日

日本大学商学部のゼミナール・3チームが第66回インター大会で最優秀賞、優秀賞を獲得しました。 12月1日(日)に関西大学で開催された「第66回日本学生経済ゼミナール大会プレゼンテーション部門決勝」に、日本大学商学部のゼミナール学生が参加しました。この大会は「インター大会」とも呼ばれる、全国の経済学部・経営学部・商学部の学生が参加する日本で最大規模の学術大会です。今年度のプレゼン部門予選には208チームが参加し、このうち決勝大会に進出した22チームが3つの分科会に分かれてプレゼンテーションを競いました。

その結果、分科会①においては芝村良ゼミナールが優秀賞(第2位)を、分科会②と分科会③においては秋川卓也ゼミナールの2チームが最優秀賞(第1位)を獲得しました。

今回受賞したチームとテーマは以下の通りです。

66回日本学生経済ゼミナール大会(インター大会)プレゼンテーション部門決勝
分科会①
チーム名:芝村良ゼミナール 二代目 SHIBAMURA SEVEN
チーム所属学生:佐藤日菜,鈴木俊亮,片山春萌,斎藤駿太,多田直樹,多門俊助,若井大輔
テーマ:日本の食品ロスに関する統計分析
結果:優秀賞(第2位)

分科会②
チーム名:日本大学秋川卓也ゼミBチーム
チーム所属学生:伊藤愛,  小川真穂,  鈴木成実, 濱田侑里奈,  宮崎菜々子,  宮永柾也
テーマ:流通過程の裏側で起こる犬の死トレーサビリティシステムによる流通過程の透明化
結果:最優秀賞(第1位)

分科会③
チーム名:日本大学秋川卓也ゼミDチーム土産ロス班
チーム所属学生:梶浦啓汰,  小松久瑠美,  佐藤小夏,  信澤陸,  牧田華恵
テーマ:土産菓子における食品ロス食べ物を無駄にしない社会を目指して
結果:最優秀賞(第1位)

(庶務課)