「新型コロナウイルス感染症に関する
日本大学商学部の対応について」
ー こちらをクリック ー

日本大学商学部

お知らせ

第2回アグリカルチャーコンペティションを開催しました

2018年12月3日

11月25日(日)に日本大学商学部にて、農、食、地域、農業協同組合(JA)に関するゼミナールの研究発表大会「アグリカルチャーコンペティション」(通称「アグコン」)が開催され、9大学から19ゼミナール、27チームが参加して、研究の成果を報告して、競い合いました。 アグコンは、大学生に農業、食料、地域社会、JAに関心を持ち、考えてもらうことを目的に、全国農業協同組合中央会の後援を得て、昨年から開催している大会です。 第2回のアグコンで、最優秀賞を獲得したのは日本大学商学部 秋川卓也ゼミナールのTeam Sath-tena、優秀賞は日本大学商学部 川野克典ゼミナールのKAWANO野菜生活で、この他に東京農業大学国際食料情報学部、和歌山大学地域活性化センター、日本大学経済学部、日本大学生物資源科学部、日本大学商学部の5チームが審査員特別賞を獲得しています。 閉会式において、審査委員長の日本大学生物資源科学部 教授 川手督也先生から、「第1回大会より確実に進歩している」とのお褒めの言葉を頂いた反面、さらに進歩するために、各チーム共通の課題についての厳しい指摘もありました。 閉会式後は、懇親会、クイズ大会、ビンゴ大会と続き、初めて会う他大学、他学部の学生と交流を深めました。アグコンは来年度も日本大学商学部で開催することを予定しており、これからも農、食、地域、JAに関する情報を発信して行きます。