日本大学商学部

商業学科

商業学科

商業という言葉は「生産(商品を供給する側)と消費(商品を受ける側)のバランスをとる事業」に語源を持ち、今日では顧客志向の事業を指しています。また、商いの方法は大昔の物々交換に始まり、現代ではキャッシュレス取引へと大きく発展しています。商業学科では、生産と消費のバランスをとることが大きな利益を生むことを学び、また個人や組織(企業や非営利組織など)による取引プロセスについて考えることを目的としています。

商業学科の学び

商業学科では商品を取引する制度や慣習、形態を具体的に学びます。もともと商品取引は目に見える有形財が中心でしたが現代ではサービスやアイデア(知的財産権など)といった無形財を扱う場合が増えています。皆さんにとって馴染み深いと思われるマーケティングは、商業における1つの側面として重要性を持っています。また、生産と消費のバランスをとる際に不可欠な物流、貿易、金融などの側面も社会全体としてみたときに大変重要です。

商業学科のコース・科目
マーケティング・コース
マーケティングは私たちの生活と結びつきが強く、消費者の生きた感覚やアイデアがヒット商品につながることはよくあります。また、ICT(情報通信技術)に長けたベンチャー企業などが新たなビジネスモデルを生み出すことによって、世界全体でのマーケティングの方法が一気に変わることもあります。さらに、企業や市場のグローバル化によって、世界中で調達や生産、販売を行う多国籍企業を中心としたグローバル・マーケティングも重要になっています。

マーケティング論

私たちが何気なく購入するスナック菓子には、それを手に取りたくなるようなパッケージが施されていたり、もっとおいしくなるような製品開発がなされていたりします。売れる仕組みの背後にある企業活動がマーケティングです。マーケティング論では、企業がいかにして消費者の買いたい気持ちを駆り立てるのかを説明します。

製品・ブランド戦略

企業が製品戦略を駆使し、よりよい製品を開発することは重要です。ただし、消費者がその製品を知らなかったり、よいイメージを持っていなかったりする場合、せっかくの製品が売れないという事態も起こり得ます。製品・ブランド戦略では、製品戦略とともに「ブランド戦略」についてもさまざまな観点から説明します。


トレード&エコノミー・コース
モノに比べて国際競争力が立ち遅れているといわれてきた流通、貿易、金融など、日本のサービス分野は日増しに重要性が増し、有能な人材が求められています。トレード&エコノミー・コースでは、体系的な知識と技能を身につけ、ビジネスを深く理解する際に求められる現代経済理論の基本をマスターした人材を育てていきます。

貿易論

国際貿易と呼ばれる外国とのモノやサービスの売買や、日本と外国との間でのさまざまな取引に関する基本的な事項を説明します。たとえば「日本はどの国と、どのようなモノを売買(売る場合は輸出、買う場合は輸入)しているか」といったことを、日本とその貿易相手国それぞれの特徴など、さまざまな観点から議論します。

ミクロ経済学

消費者や企業がどのように行動し、それによって価格がどのように決まるのかを分析するとともに、社会全体に対してどのような影響があるのかを分析します。具体的には、消費者における需要の決まり方、企業における独占・寡占の弊害、またライバル企業が互いの行動を予測しながら行動するとどのようなことが起きるのか、などを学んでいきます。


ファイナンス・コース
取引というとモノやサービスのやりとりを連想しますが、資金そのものも取引の対象です。ファイナンス・コースでは、この資金の取引について学びます。金融、証券、保険、国際金融、企業会計といったさまざまな分野の科目や、企業取引や企業組織などに関する法律の知識や考え方を学ぶ科目から構成されています。自らの関心や目指す将来像に合わせて、基礎から応用までを実践的に学ぶことができます。

金融論

私たちは何気なく生活していますが、その活動の裏側ではお金の流れが発生しています。金融論では、私たちの経済活動を支える貨幣の役割や金融システムを支えるための政策手段、多くの金融商品の特徴を学びます。金融に関連する知識を習得して、長期的な視野で自分の好みに合った資産を選択できるようになることを目標とします。

保険論

私たちは不慮の事故や災害、病気などのリスクに備えて保険に加入しますが、見方を変えるとそれは多種多様なリスクを保険会社が引き受けているということです。このように、保険とはリスクを管理するための仕組みや金融サービスであり、「リスクの商業」と呼ばれることもあります。
保険論では、保険について仕組みや機能など多角的に学びます。

主な学科科目
マーケティング論 製品・ブランド戦略 消費者行動論
エリア・マーケティング グローバル・マーケティング 観光学
貿易論 流通システム 国際物流論
ミクロ経済学 財政学 サービス経済論
金融論 証券市場論 保険論
国際金融論 民法 商法