「新型コロナウイルス感染症に関する
日本大学商学部の対応について」
ー こちらをクリック ー

日本大学商学部

ゼミナール

ゼミナール

ゼミナールとは、講義形式で行われる授業とは異なり、指導教員のもとで、少人数で行われる大学ならではの授業形式です。商学部では、2年生からゼミナールに所属できることが大きな特徴で、調査・発表・討論などを通じて、じっくり専門的な知識を修得し、ビジネススキルを磨きます。「ゼミの日本大学商学部」とも言われる商学部では、90を超える研究テーマを設置しているので、自分の興味・関心にあったテーマをきっと見つけることができます。

主な研究テーマ

商業

  • マーケティングを実践する
  • ユーザー・イノベーション~売れる商品と儲けるしくみの研究~
  • 社会の中の物流
  • 貿易政策と国際貿易交渉
  • マクロ・ミクロ経済学と日本経済の分析
  • 国際金融の研究
  • リスクマネジメントと保険
  • 電子商取引及び知的財産法に関する諸問題

経営

  • 組織と戦略のマネジメント
  • 経営戦略論および国際経営
  • 国際経営史研究
  • 企業倫理・企業の社会的責任
  • 起業のマネジメント・経営戦略
  • 中小企業経営と地域経済の振興
  • イノベーションと戦略経営
  • 情報技術・データ分析による問題解決

会計

  • 会計情報に基づく企業分析
  • 情報社会における会計の役割
  • 戦略的管理会計論
  • 税務会計論

総合

  • 地域コミュニティとまちづくり
  • 行動の心理学理解
  • 人の動きを科学する
  • Media and Social Criticism
ゼミナール・総合研究2019
ゼミでの研究・発表を競い合うインゼミ大会

インゼミ大会とは、「研究活動の促進」・「他のゼミナール間との交流」を目的とし、学生団体の「ゼミナール連合協議会」が中心となって企画・運営を行います。2チームが一つの共通テーマに沿って議論し、研究を発展させる討論部門、日頃の研究成果をまとめ、発表技術や内容について競い合うプレゼンテーション部門、英語で研究成果を発表する英語プレゼンテーション部門の3部門で構成され、毎年冬に開催しています。

ゼミナール連合協議会
優秀卒業論文賞

優秀卒業論文賞とは、大学4年間における学修の総決算として、またゼミナールにおける3年間の自主的研究の成果としてまとめられた卒業論文の中から、特に優秀なものを選び表彰するものです。

2019 年度優秀卒業論文賞受賞者
学 科 氏 名 ゼミナール 要旨・講評
商 業 佐々木 雪乃 服部 訓和 東京オリンピックとグラフィック・デザイン―1964年にみる戦後日本の歩み 要旨・講評
商 業 桑江  豊 村井 秀樹 仮想通貨に係る会計処理に関する一考察 要旨・講評
商 業 田代 真綾 塚田 典子 中高齢者の運転に関する研究~自動運転システムの利用意識調査~ 要旨・講評
商 業 藤田  光 鬼頭 俊泰 公募増資による新株発行の不公正発行認定基準の検討 ―上場会社の大株主が反対する裁判例を素材に― 要旨・講評
商 業 西尾  彩 山本 篤民 発展途上国が貧困から抜け出すための開発 ~ラオスと中国の関係からの考察~ 要旨・講評
商 業 内田 大暁 坂本 義和 任天堂のネットワーク戦略に対する考察 要旨・講評
商 業 榊原 理奈 小島 智恵子 香料文化の歴史と商品開発への影響 要旨・講評
商 業 アルウォヘビ  アブドラ 相澤 朋子 分散投資としての株式市場における負の相関関係の存在と有効性 :DCCモデルによる実証分析 要旨・講評
経 営 小林 真子 秋川 卓也 流通菓子の物流における問題と提言 要旨・講評
経 営 川村 裕太郎 S.J.バイスウェイ 地方銀行の役割変化とその歴史的背景, 1868-2020 ~とくに秋田の銀行に関して~ 要旨・講評
経 営 田中 美帆 金指  崇 Problems Regarding Women’s Work-Life Balance (女性のワークライフバランスに関わる問題点) 要旨・講評
経 営 月精 尚輝 山添  謙 日本における果樹栽培が気候変化から受ける影響について 要旨・講評
会 計 植山 ももこ 平野 嘉秋 税財政と資金調達の視点からの子育て支援策に関する考察 要旨・講評
優秀卒業論文賞[総評]