「新型コロナウイルス感染症に関する
日本大学商学部の対応について」
ー こちらをクリック ー

日本大学商学部

ゼミナール

ゼミナール

ゼミナールとは、講義形式で行われる授業とは異なり、指導教員のもとで、少人数で行われる大学ならではの授業形式です。商学部では、2年生からゼミナールに所属できることが大きな特徴で、調査・発表・討論などを通じて、じっくり専門的な知識を修得し、ビジネススキルを磨きます。「ゼミの日本大学商学部」とも言われる商学部では、90を超える研究テーマを設置しているので、自分の興味・関心にあったテーマをきっと見つけることができます。

主な研究テーマ

商業

  • マーケティングを実践する
  • ユーザー・イノベーション~売れる商品と儲けるしくみの研究~
  • 社会の中の物流
  • 貿易政策と国際貿易交渉
  • マクロ・ミクロ経済学と日本経済の分析
  • 国際金融の研究
  • リスクマネジメントと保険
  • 電子商取引及び知的財産法に関する諸問題

経営

  • 組織と戦略のマネジメント
  • 経営戦略論および国際経営
  • 国際経営史研究
  • 企業倫理・企業の社会的責任
  • 起業のマネジメント・経営戦略
  • 中小企業経営と地域経済の振興
  • イノベーションと戦略経営
  • 情報技術・データ分析による問題解決

会計

  • 会計情報に基づく企業分析
  • 情報社会における会計の役割
  • 戦略的管理会計論
  • 税務会計論

総合

  • 地域コミュニティとまちづくり
  • 行動の心理学理解
  • 人の動きを科学する
  • Media and Social Criticism
ゼミナール2021
ゼミでの研究・発表を競い合うインゼミ大会

インゼミ大会とは、「研究活動の促進」・「他のゼミナール間との交流」を目的とし、学生団体の「ゼミナール連合協議会」が中心となって企画・運営を行います。2チームが一つの共通テーマに沿って議論し、研究を発展させる討論部門、日頃の研究成果をまとめ、発表技術や内容について競い合うプレゼンテーション部門、英語で研究成果を発表する英語プレゼンテーション部門の3部門で構成され、毎年冬に開催しています。

優秀卒業論文賞

優秀卒業論文賞とは、大学4年間における学修の総決算として、またゼミナールにおける3年間の自主的研究の成果としてまとめられた卒業論文の中から、特に優秀なものを選び表彰するものです。

令和2年度優秀卒業論文賞受賞者
学 科 氏 名 ゼミナール 要旨・講評
商 業 江森 航一 小島 智恵子 特殊撮影史における日本特撮の独自性 要旨・講評
商 業 中山 徹郎 秋川 卓也 買い物弱者支援事業の社会的効果と経済効果の推計 要旨・講評
商 業 高野 玲菜 東  るみ子 オンライン授業の課題とその解決策
~withコロナ時代の新しいコミュニケーション~ 要旨・講評
商 業 玉井  誠 池野 秀弘 新卒就活市場におけるミスマッチ
―RJP理論を用いたキャリア教育の検討― 要旨・講評
商 業 秋元 一哉 服部 訓和 雑誌『装苑』からみるデザイナーズブランドの身体性とその展開
―1980年代から現代まで 要旨・講評
商 業 小松原 宏太 相澤 朋子 地域銀行の現状と未来 要旨・講評
経 営 松井 海都 坂本 義和 日本企業のデジタルプラットフォームビジネスについての一考察 要旨・講評
会 計 東野 隼空 S.J.バイスウェイ 「日本金融史における特殊銀行の役割とその展望」
1879-2021 要旨・講評
会 計 大沢 佑佳 木下 征彦 持続可能な観光振興のあり方をめぐって
~新型コロナウイルス前後の比較検討~ 要旨・講評
優秀卒業論文賞[総評]