日本大学商学部

ゼミナール

ゼミナール

ゼミナールとは、講義形式で行われる授業とは異なり、指導教員のもとで、少人数で行われる大学ならではの授業形式です。商学部では、2年生からゼミナールに所属できることが大きな特徴で、調査・発表・討論などを通じて、じっくり専門的な知識を修得し、ビジネススキルを磨きます。「ゼミの日本大学商学部」とも言われる商学部では、90を超える研究テーマを設置しているので、自分の興味・関心にあったテーマをきっと見つけることができます。

主な研究テーマ

商業

  • マーケティングを実践する
  • ユーザー・イノベーション~売れる商品と儲けるしくみの研究~
  • 社会の中の物流
  • 貿易政策と国際貿易交渉
  • マクロ・ミクロ経済学と日本経済の分析
  • 国際金融の研究
  • リスクマネジメントと保険
  • 電子商取引及び知的財産法に関する諸問題

経営

  • 組織と戦略のマネジメント
  • 経営戦略論および国際経営
  • 国際経営史研究
  • 企業倫理・企業の社会的責任
  • 起業のマネジメント・経営戦略
  • 中小企業経営と地域経済の振興
  • イノベーションと戦略経営
  • 情報技術・データ分析による問題解決

会計

  • 会計情報に基づく企業分析
  • 情報社会における会計の役割
  • 戦略的管理会計論
  • 税務会計論

総合

  • 地域コミュニティとまちづくり
  • 行動の心理学理解
  • 人の動きを科学する
  • Media and Social Criticism
ゼミナール・総合研究2019
ゼミでの研究・発表を競い合うインゼミ大会

インゼミ大会とは、「研究活動の促進」・「他のゼミナール間との交流」を目的とし、学生団体の「ゼミナール連合協議会」が中心となって企画・運営を行います。2チームが一つの共通テーマに沿って議論し、研究を発展させる討論部門、日頃の研究成果をまとめ、発表技術や内容について競い合うプレゼンテーション部門、英語で研究成果を発表する英語プレゼンテーション部門の3部門で構成され、毎年冬に開催しています。

ゼミナール連合協議会
優秀卒業論文賞

優秀卒業論文賞とは、大学4年間における学修の総決算として、またゼミナールにおける3年間の自主的研究の成果としてまとめられた卒業論文の中から、特に優秀なものを選び表彰するものです。

2018 年度優秀卒業論文賞受賞者
学 科 氏 名 ゼミナール 要旨・講評/卒業論文全文
商 業 澁谷 義久 相澤 朋子 日本国内の公共交通における課題と解決事例 要旨・講評
商 業 稲葉 健斗 秋川 卓也 青果物直販事業における流通の課題と解決事例 要旨・講評
商 業 河合 紗莉亜 髙久保 豊 日本の産学官連携に関する一考察 -国立大学における大学発ベンチャー増加の取り組み- 要旨・講評
商 業 大友 菜摘 服部 訓和 戦前期日本におけるミッキーマウス受容の一側面 ―村岡花子と天野雉彦・「家庭」を形成した思想― 要旨・講評
商 業 岡野 翔 飯野 文 日本におけるAD措置の考察-関連する制度に着目して 要旨・講評
商 業 川畑 夏野 東 るみ子 災害時におけるスマホ活用と人のつながり -地域SNSの可能性- 要旨・講評
経 営 森澤 太一 坂本 義和 JR東日本の公共性と収益性 要旨・講評
経 営 上野 大輔 芝村 良 農家人口減少が稲作生産に与える影響の分析 -農家人口と米の需給の将来推計- 要旨・講評
経 営 君山 拓良 塚田 典子 高齢者と若年者の交流による地域活性化に関する研究 -栃木県那須地域を例に- 要旨・講評
会 計 野口 明華 小島 智恵子 プロジェクションマッピング技術誕生の歴史的背景 要旨・講評
優秀卒業論文賞[総評]