日本大学商学部

学部長メッセージ

学部長メッセージ

日本大学商学部長 嶋 正

日本大学商学部は、1904年(明治37年)に創設され、2019年には115周年を迎えます。また、日本大学発祥の地である神田三崎町より、1963年に現在の世田谷区砧の地に移転し、半世紀以上が経ちます。その間、キャンパスの再開発に着手し、2014年にはその工事も竣工し「21世紀における学びと創造の場」に相応しい日本大学商学部に生まれ変わりました。

現在のビジネス社会は、「ヒト・モノ・カネ・情報・ブランド」などの経営資源が、大量にかつ電子媒体などを通じて瞬時に世界の隅々にまでとどけられ、地球規模でのボーダレス化が進んでいます。そして企業にとっては経営資源としてのブランディングの活用も大変重要な要素となっています。このようなビジネス環境において、企業は一国の経済だけではなく、グローバルな視点と旺盛なイマジネーションを持って活動しなければなりません。

このような状況をふまえ、日本大学商学部では大学教育の基盤整備とともに教育改革も進めています。学生の権利として、大学の教育を自由に選べるよう配慮しました。良い先生の授業、面白いと感じる授業があれば学生が積極的に選択し受講することができます。また専門科目はもちろんのこと、教養教育にも力を入れ、グローバル社会で真に求められる人材、グローバル・リーダーの育成をめざします。

学生の皆さんには、ぜひ「自分の夢を持ち、イマジネーションを働かせ、努力を継続し、いつの日か夢をその手に掴んでもらいたい」と願います。日本大学商学部は、「夢を持ち、夢を語り合い、夢を実現する場」として、入学して本当に良かったと心から思える大学、卒業後は母校を誇りに思える大学、出身者として胸を張って社会に貢献できる大学をめざし、努力してまいります。皆さんも、教員・職員と三位一体となり、夢をかなえ、大きな飛躍を遂げてください。私たち教職員一同、情熱をもち全力でサポートします。

(2019年8月)